霊園と寺院墓地の違いとは?


 

お墓は大きく分けて「寺院墓地」「民間霊園」「公営霊園」の三種類に分かれます。

それぞれの主な特徴をご説明いたします。

 


寺院墓地 

 

その名の通りお寺の墓地です。多くの場合、お寺の境内や隣接地にあります。

寺院墓地には次のような特徴があります。

 

・基本的に利用できるのは檀家さんである(入檀が必要)

・宗派が異なる場合は改宗する必要がある

・お寺の行事に参加する必要がある(お施餓鬼やお彼岸など)

 

お客様をご案内しておりますと、なかには寺院墓地を敬遠される方もあります。

「お付き合いが大変そう」とのイメージを持たれている方もあるかと思います。

しかし、実際にお墓の維持にかかる費用は霊園と大差ない場合もあります。

「石のあゆみ」では建墓だけでなく、その後のお寺様とのお付き合いも含めて、

丁寧にご説明させて頂きます。

 


民間霊園

 

「民間」とはいいますが、経営主体の多くは宗教法人です。

民間霊園の主な特徴は次の通りです。

 

・宗教宗派不問で誰でも利用できる

・墓石の形が比較的自由である

・お墓の維持費は基本的に管理料のみである

 

現在、お墓をお求めになる多くの方が「民間霊園」をご希望されています。

しかし、都市部では開発許可が下りにくく、民間霊園は不足気味です。

 


公営霊園

 

都道府県や市町村が運営する霊園が「公営霊園」です。

東京だと「青山霊園」や「谷中霊園」が有名ですね。

公営霊園の特徴は次の通りです。

 

・宗教宗派不問で誰でも利用できる

・永代使用料や管理費が民間と比較すると割安

・区画の大きさは大きめ

 

特徴を挙げると良い所ばかりですが、公営霊園の多くは応募者多数の為、抽選になっている場合がほとんどです。また、すぐに埋葬するお骨をお持ちの方に限定している場合もあり、生前のお申し込みができない場合もあります。